トップ 保育園検索タウンについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

保育園検索タウン(口コミ情報)保育園とは? > 認定こども園

認定こども園

認定こども園の画像

近年、少子化が進んできたり、育児サービスが色々行われてきたりすることによって、幼稚園も保育園も問題は異なりますが、抱える問題が出てきました。
そこで、お互いの問題点を解決するために、幼保一元化を考え、認定こども園が作られました。

認定こども園は、都道府県知事が認定した保育園で、就学前の子供に保育や教育を行う子育て支援を提供する施設です。

認定こども園は、4つのタイプがあります。
認可幼稚園と認可保育園が連携して運営を行う「幼保連携型」、認可された幼稚園が保育園の機能をもった「幼稚園型」、認可された保育園が幼稚園の機能をもった「保育所型」、認可のない地域にある幼稚園や保育園が認定こども園の機能をもった「地方裁量型」になっています。

認定こども園は、幼稚園と保育園の機能を両方もったもので、保育時間は、4~8時間まで選べるようになっている保育園の機能と、3歳児以上のこどもには、4時間程度の教育をする幼稚園の機能を持っています。
また、両親ともに働いていなくても入所出来るようになっています。

保護者にとって、両方の機能を満たす認定こども園は、とてもいい施設なのですが、認定こども園を増やすには色々な問題点を解決していかなけばいけないのが現状です。

問題点として、幼稚園と保育園の管轄が違い、児童福祉施設と教育施設という違いがあること。
保護者が共働きが多い保育園と、片働きが多い幼稚園で、保護者の違いがあるということ。
幼稚園には0~3歳未満の子供にあうトイレや沐浴設備、離乳食などの給食など設備がないということ。
子供をみる先生が幼稚園教諭免許状と保育士と異なることです。
今後、認定こども園を増やすには、これらの問題を解決していかなければ、いけないのが現状です。

保育園検索タウン(口コミ情報)について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。